2005年07月31日

アイスガイ…それは夏の思い出。

image/rockhand-2005-07-31T23:59:21-1.jpg

こんばんは、今夏はじめてのアイスガイを食すずっきです。メロンソーダなんかよりカフェオレ味の方がうまいのに、なんで売ってないんだろ。見つけたら、ずっきまでコメント使って教えて下さいね。
posted by ずっきぃ at 23:59| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 脳髄生活 | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

ロナウジーニョのユニフォームを着て観戦してみる。

image/rockhand-2005-07-31T00:07:09-2.jpg image/rockhand-2005-07-31T00:07:09-3.jpg image/rockhand-2005-07-31T00:07:10-4.jpg

こんばんは、日産スタジアムで横浜マリノス対バルセロナの親善試合を観戦してきたずっきです。なんといっても、このチームはロナウジーニョ!この試合は、途中出場だったけど、ひとつひとつのプレーで観客を魅了するトコはさすが。あの、ノールックパスは今度フットサルで使おう。写真は、「ナンバーワン」のはじめての車庫入れです。横がサッカーできる位のスペースが出来ておりました。
posted by ずっきぃ at 23:00| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | フットサル | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

クリスチャン・ロナウドに酔いしれる。

image/rockhand-2005-07-29T08:07:08-1.jpg image/rockhand-2005-07-29T08:07:08-2.jpg

おはようございます。昨夜、国立にマンチェスターユナイテッド対鹿島アントラーズを観戦してきたずっきです。結果は1対2で鹿島が勝っちゃたけど、ロナウド(ポルトガル人の方)、ギグス、ファンニステローイ、ルーニー、パクなどスターを見れて満足。いやぁ、ロナウドのドリブルは切れがあったな。よかった、よかった。
posted by ずっきぃ at 08:07| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

レアルマドリードとジュビロ磐田が対決する。

image/rockhand-2005-07-27T21:54:56-1.jpg image/rockhand-2005-07-27T21:54:56-2.jpg image/rockhand-2005-07-27T21:54:56-3.jpg

こんばんは、今年も欧州のサッカークラブが多数来日しております。
その中でも、金にモノを言わせてスター選手ばかり取り、あげくの果てにタイトルを一つもとれない危機的状態に陥ってしまったレアルマドリッドの試合をで観戦してきたずっきです。
場所は、味の素スタジアムです。

前半の先制点はスペインの「至宝」ラウール。
2点目は、ジュビロ磐田の若手MF成岡の地を這うイーグルショット。
これには会場の空気は「ジャイアントキリング」も有り得ると予感した人も多かったはずだ。
が、ロナウドのシミレーション気味のPKでまた突き放された。ヨシカツもコースを読んで触ってたのに。日本代表にも選出された左サイドの村井は、レアルの同サイドのミチェルサルガドに攻め込まれたせいか、持ち前の高速クロスは見られず。もっと前で勝負する姿を観たかった。
逆サイドの太田はロベカルに勝負を挑むトコが気持ち良かった。

後半は、イタリアセリアAの「強豪」インターミラノに移籍の噂もあるフィーゴが登場。
バルセロナの右サイドで活躍していた頃から好きな選手だが、レアルでは無駄に選手を取り過ぎて、左サイドに追いやられた。久々の右サイド、時折トップ下にポジションを変えながらも「らしさ」をみせた。あの、重心移動の激しさで相手をズタズタにしていた。フィーゴの後半ラストのロナウドのスルーパスは圧巻。決めた「ぽっこり」ロナウドのスピードと決定力も凄い。

しかし、ベッカムはボランチになってしまったんだな。
マンチェスターユナイテッドの右サイドの高速クロスがお気に入りだった僕としては寂しい限り。
ラウールの得意のループシュートも一度もなく、ジダンもベンチ入りせず、ゴールを狙えるFKもなく…の試合だったが、僕はフィーゴのドリブルが見れて良かったと思う。

奴は、スーパースターだ。
posted by ずっきぃ at 21:54| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

履歴書の写真を手でちぎる…その行為を考察する。

こんばんは、関東地方は間もなく台風の猛威に飲み込まれ、
僕の連休は部屋で過ごすことになりそう、「24」にまたはまり始めたずっきです。

雨がぱらつき始めた頃、履歴書の写真をハサミがないので手でちぎったという友人に会った。
そんな彼の豪快さが好きだ。人間は追い込まれたら、どんなことでもする。地元の友人と山に遊びに行った時の話し。山のトイレに入った所、紙がない。焦った彼はトイレットペーパーの芯を一枚の紙に広げ、そして程よい柔らかさになるまで揉みほぐし、カシミヤティシュのつもりで使用したらしい。嬉しそうに語る友人の顔が今でも忘れられない。

人には秘めた可能性が誰にでもあるのだ。
どんなに苦しい時でも思い出せば良いだろう。
写真をちぎった男の物語を。

君はきっと「まだやれる、まだ走れる、諦めない!」

と心から叫ぶことだろう。
posted by ずっきぃ at 23:44| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳髄生活 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。